即日お金を借りるための秘訣は時間と曜日!

 

 

例えば、2〜30万円をカードローンで即日で借りるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

10万円程度であれば親や友人から借りたり出来るギリギリの範囲かと思いますが、20〜30万円となるとそうも行きませんよね。

 

自分で用意するのもかなり大変な額と言えます。

 

そこでカードローンの出番なわけですが、新規で申込んで当日中にキャッシングする事は可能なのでしょうか?

 

ここでは20〜30万円をその日に借り入れする方法について解説します。

 

 

即日融資を受ける方法は主に2つの方法があります。

 

1つは「銀行振込」、もう一つは「ローンカード」です。

 

即日でお金を借りる方法は金融業者によって異なりますので、申し込み前に必ず確認しましょう。

 

 

まず銀行振込で即日融資を受ける場合の大まかな流れです。

 

申し込み、審査、必要書類提出、契約手続、振り込みとこのような流れで行われます。

 

銀行振込の場合はインターネット、電話、FAXのいずれかの方法で申し込みが可能です。

 

来店すること無く自宅で必要な手続きを取ることが可能です。

 

銀行振込で融資を受ける場合は時間に注意しなければいけません。

 

振り込みが反映されるのは銀行の営業時間内に手続が完了した場合のみです。

 

タイムリミット以降に振り込みされても反映されるのは翌営業日以降になってしまいます。

 

銀行は基本的に15時までの営業ですから、それまでに振込手続きを完了させる必要があります。

 

但しギリギリですと間に合わない可能性が高いですから、早めに手続を完了させましょう。

 

 

申し込みは午前中までには済ませておきたいところです。

 

ネットなら24時間受け付けていますので前日の夜に申込んでおくのも手です。

 

多くの業者は14時までに振込手続完了が即日融資の条件としています。

 

この時間までに終わらなければ即日融資は無理と思ったほうが良いでしょう。

 

また銀行振込は平日しか利用できませんので、曜日にも気を付けなければいけません。

 

土日で即日融資を希望する場合はローンカードでの借入れを選ぶしかありません。

 

 

ローンカードは基本的に郵送での受け取りとなるため、即日融資が不可とするところが多いです。

 

物理的に間に合いませんから当然といえば当然です。

 

ですが大手の消費者金融なら無人契約機にてローンカードを発行してくれますので郵送のように時間がかかることがありません。

 

ローンカードで即日融資を希望する場合は無人契約機を使って手続きする方法をとると良いでしょう。

 

申し込みから融資までの流れは銀行振込の場合と基本的に一緒です。

 

審査通過後に必要書類を提出となりますが、この場合は無人契約機にて行ないます。

 

ですから審査通過後は書類を持参して無人契約機にて必要な手続きを取ることになります。

 

無人契約機は22時前後まで営業していますので仕事帰りに契約手続を取ることも可能です。

 

ローンカード発行のタイムリミットは各金融業者によって違いますので、必ず確認してから申し込みしましょう。

 

自動契約機は大手消費者金融で取り扱っており銀行系カードローンでは殆ど見受けられません。

 

ローンカードで今すぐに借入したい場合は大手消費者金融で手続きするのが良いでしょう。

 

 

以上が即日でお金を借りるための方法となります。

 

初回の限度額は人によって異なりますが、20万円までであれば十分に可能な額かと思います。

 

ですが30万円となると融資を受けられる人はかなり限られると思ってよいでしょう。

 

特にパート・アルバイトなど非正社員の方ですとかなり厳しいです。

 

非正社員でも即日融資は可能ですが、借入可能な額にどうしても限界があります。

 

また銀行系は消費者金融に比べ審査が厳しいです。

 

融資までに時間がかかることも多く即日で借りれない可能性も高いです。

 

とにかく今日中にお金が必要な場合は上述したように大手消費者金融に申し込むのが確実かと思います。